カテゴリー:日本GPin鈴鹿2010


タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

可夢偉ありがとう!

ありがとう鈴鹿

凱旋レースの鈴鹿で可夢偉が見せたオーバーテイクショーは、多くのファンを魅了しました。可夢偉の走りは日本のファンのみならず世界中のファンの魂を振るわせ、その国籍や立場を問わずF1というスポーツに携わる全ての人間に感動を与えました。そう、同じトラックを走ったライバルさえも。

F1はオーバーテイクが難しいというのは、ただの既成概念ではないかとさえ思えるほどの衝撃が全世界に走ったと言ってもいいでしょう。

忘れかけていたレースの原点を思い起こしたのは、ファンだけではないはずです。FIAや各チーム関係者も含め、可夢偉がF1に与えた影響は計りしれません。

同時にF1におけるオーバーテイクのダイナミズムを改めて認識した思いです。やはりインディカーシリーズなど他のモータースポーツにおけるオーバーテイクとは格が違うなと。確かに最近のF1はオーバーテイクが少ないと言われていますが、その分価値が高いというかプレミアム感を味わえるというか。それを目の当たりにできた充実感は半端じゃないですね。

わけしり顔で「鈴鹿はオーバーテイクが難しいからね・・」などとウンチクを垂れていた自分が恥ずかしくなりました。

レギュレーションの変更により今シーズンはコース上でのオーバーテイクが増えると予想していましたが、シンガポールにおけるクビサの5台抜きもさることながら、まさか鈴鹿であんなに素晴らしいドラマを見せてもらえるとは・・。

改めて『小林可夢偉』というドライバーに敬意を表したいと思います。可夢偉ありがとう!!

そして、もう一つ。今回鈴鹿に行って改めて思いましたが、本当に鈴鹿の空気って最高ですね。レース展開もそうですが、とにかく鈴鹿はファンのオーラがとても心地いいです。手前味噌ではありますが、日本のF1ファンってその熱気もさることながら、本当にスマートで温かい気持ちに満ちあふれいて素晴らしいと思います。

また、今回は予選の順延などでいろいろ大変な思いもしましたが、素晴らしいレースを見せてくれたドライバーやチーム関係者、またサーキット関係者の方々に感謝しています。

最後に、鈴鹿を一緒に盛り上げた同志のファンの皆さん本当にお疲れ様でした。また来年鈴鹿で会いましょう!




posted by JJmasa at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴鹿のヒーロー

可夢偉in鈴鹿

いやーやっぱり鈴鹿はアツイですね。

毎回必ずなにかドラマがありますよね。

レースの結果は、予想通りレッドブルが速さを発揮。ヴェッテルが見事にポール・トゥ・ウィンを飾るという、ある意味あっけない幕切れとなりました・・。

雨があまりにも激し過ぎたため一周して戻ってきちゃったみたいな展開になって、予選前にに予想した“雨による波乱”はありませんでしたが、結果的にはチャンピオン争いが盛り上がってきたのでよしとしましょう。

鈴鹿を“我々のサーキット”と評したヴェッテルが表彰台のパネルにある“SUZUKA”の文字を指差して喜ぶ姿が印象的でしたが、鈴鹿の本当のドラマは優勝争いとは別のところで用意されていました。

2002年の鈴鹿において凱旋レースで5位入賞という快挙を達成した琢磨に対し優勝したシューマッハが「今日は2人の勝者がいる。一人は僕だけどもう一人は琢磨だよ!」と言ったことがありましたが、世界中のF1ファンの中で今年の鈴鹿のヒーローが『小林可夢偉』であるということに反論する人は誰一人としていないでしょう。


posted by JJmasa at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰り道

もうすぐ決勝レースです。
少し気が早いですが、東京方面から鈴鹿に来ていて、このブログを(携帯で?)見ている方へ渋滞回避の帰り道をお教えします。

スプーンゲート付近から1号に抜け、近鉄線四日市を過ぎた辺りで23号に渡り、みえ川越インターを目指してください。去年は、帰路案内マップに乗っている、ずっと23号でみえ川越まで行くのとでは1時間違いました。友人と比較テストしたので多分間違いないでしょう。

タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局

鈴鹿11
結局予選は、土曜日に波乱がありすぎたせいで(?)順当な結果となりました・・。

いやーそれにしても今日は暑いです。

まっ、どしゃ降りよりはましですから贅沢言っちゃいけません。
タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな感じ

鈴鹿10
予選前のコースコンディションはこんな感じです。

画像が小さすぎてスミマセン。水は浮いていません。ほとんどドライです。

決勝は完璧なドライになりそう。
タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーカンです

鈴鹿10午前中は少し雨が残るという予報もありましたが、見事な快晴です。きのうと違い日射しが痛い・・。
タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり

今、予選の日曜日への順延が決定しました。

さ・寒い。
posted by JJmasa at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメでしょうね

鈴鹿2
セーフティカーが出てきてコースコンディションのチェックをしました。

予選は15時20分までやるかやらないかの判断を遅らせました。

おそらく今日はダメでしょうね。
タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな感じです

鈴鹿1
なにもここまで降らなくても、、、というくらいの雨です。

今14時50分の発表を待っているところですが、おそらくこの雨では走らないと思います。
タグ:鈴鹿
posted by JJmasa at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぁ、いよいよ鈴鹿です

さて、いよいよ鈴鹿での日本GPが始まりました。

フリー走行では、予想通りレッドブルが他のチームに約1秒以上の差をつける圧倒的な速さを見せつけました。

雨でも降らない限りレッドブルが優勝することは間違いないでしょう。“雨が降らない限り波乱はない”、今シーズンの中盤戦以降何度このフレーズを使ったか分かりません。その度に裏切られていたわけですが、今回ばかりは確実に雨が来そうです。

少なくとも土曜日の予選に関しては、まず間違いなく降るでしょう。

もちろん雨が降り続けるコンディションであれば普通は大勢に影響はありません。雨が降るなかでもドライで速いマシンが順番に並ぶだけですから。

しかし、ドライコンディションでブッチギリに速いレッドブルのマシンは、ウェットコンディションになると一気に遅くなるので、好調なフェラーリやルノーが予選で前にくることが十分に考えられます。

雨の予選でレッドブルが3列目くらいのポジションで、決勝はドライ。こんなシナリオがベストですかね。

ちなみに今年の鈴鹿は、ブリヂストンがF1における日本での最後のレースになります。

ブリヂストンの浜島さんは鈴鹿でのコースレコードを狙っていただけに雨の予選は残念です。

それでは行ってきます。
posted by JJmasa at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本GPin鈴鹿2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。