カテゴリー:FORD


タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

新型?『インターセプター』

前回は「ミッション:インポッシブル」の紹介をしましたが、今日は日本でも30年以上前に公開され、大人気となったオーストラリア映画「マッドマックス」の話題など。

1979年に公開されたオリジナル(1作目)のあと、その人気にあやかって2作目、3作目とつづいた「マッドマックス」。1作目のインパクトがありすぎたせいか、その後のシリーズは必ずしも成功したとはいえません。実際に2作目はまだしも、3作目の印象はほとんどないという人も多いのではないでしょうか。

その「マッドマックス」がなんと27年ぶりに復活します。シリーズ4作目となるこの最新作が公開されるのは来年(2012年)。マックス役にはメル・ギブソンに代わってトム・ハーディが起用されるということです。
さて、「マッドマックス」といえば映画のなかで登場するパトカー(?)『インターセプター』を忘れてはいけません。

オリジナルは1973年式フォード『XBファルコン GT351』がベースになっていますが、今回の新作に向けフォードは『マッドマックス・インターセプターコンセプト』として復活させました。オーストラリアの国際ショーにおいてそのスケールモデルをお披露目。まだ40%クレイモデルの段階ですが、完全なオリジナルモデルとして開発が進んでいるようです。

ということで2つのモデルが登場する動画をご覧ください。



posted by JJmasa at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | FORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォード『シェルビー・GT500・スーパースネーク』

シェルビースーパースネーク


「シェルビー」の名が冠されたマスタングには、フォードの市販モデルとしての「シェルビー・GT500」が存在しますが、さらにシェルビー・オートモービルズが用意するGT500専用のスペシャルパッケージを追加することで、「2010シェルビー・GT500・スーパースネーク」が完成します。

 両車の違いは、はっきりとパワートレーンのチューニングの差にあり、フォードの市販ラインナップである「フォード・シェルビー・GT500」には最大9psiで過給するルーツ型スーパーチャージャーが備えられた5.4リッター・V8・540馬力仕様となっています。

 一方の「シェルビー・GT500・スーパースネーク」は標準のスーパースネーク・パッケージでも630馬力仕様。さらにウィップル製(Whipple)スーパーチャージャーを搭載するオプションのチョイスで、750馬力までパワーアップが可能。

 また、「シェルビー・GT500・スーパースネーク」では随所にカーボンファイバーのボディパネルが用意されるほか、足元もベアー製6ピストン・ブレーキパッドが奢られています。

 追加コストは約3万ドル。スペシャルパッケージの金額で、もう1台マスタングが買えちゃうワケですから、決してお安くはありませんが、600馬力超のマスタングってのにも惹かれちゃいますね。

 コルベットZO6や、ZR1さえも軽くカモれるなら、総額7万ドル台は決して高くないのかも......。

「hotrod.jp」より

そんな「シェルビー・GT500・スーパースネーク」と「GT−R」のバトルです。見た目は圧倒的にスーパースネークですが・・。

 

posted by JJmasa at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。