カテゴリー:F1


タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

2016年のホンダF1のストーリー

hasegawa01.jpg


今年のホンダはF1プロジェクトの組織変更をしてプロジェクトリーダーが新井さんから長谷川さんに変わります。

歴代ホンダF1の監督やリーダーってみんな熱かった。(第一期はさすがにリアルに分かりませんが)第二期の川本さんはもちろん、桜井さんや後藤さん、第三期の中本さん、橋本さん、木内さんといった面々はキャラが立っていたし、コメントなどもとても面白かった。

個人的に好きだったのは木内さん。基本的には論理的でクールなんだけど根は熱いものを持ってましたね。琢磨が表彰台に上がったときにボロボロ泣いていた中本さんも良かったな。

まぁ、勝手な思い込みなんですが、やっぱりホンダF1のリーダーって、負けず嫌いで内に秘めた熱い想いを持っていて、ときにはそれを爆発させるような人じゃなきゃ!

そういった意味では長谷川さんがどういった“ホンダF1”を見せてくれるかは分かりませんが、少なくとも “ストーリー” は楽しめます。

長谷川さんって第三期のときに木内さんや中本さんの元でF1に関わっていて、2009年からはプロジェクトリーダーに決まっていた人です。そう、あのとき撤退さえしなければ。

そしてその2009年、手塩にかけた「幻のRA109」改め「ブラウンGP BGP001」がチャンピオンマシンになったことは周知のとおり。

その後長谷川さんは、量産車の開発などに携わり7年間F1プロジェクトには一切関わっていなかったようです。しかも、“あの年”から昨年までF1は全く見ていなかったとか。

で、今回の体制変更によりF1に復帰、しかもプロジェクトリーダーとして戻ってきました。


一方で昨年F1に復帰したホンダはマクラーレンという最強のパートナーと組みつつもまさかの惨敗。

いや、ホンダが苦戦するのはいいんですよ。それはそれでF1のハードルの高さを改めて実感できるし。でも問題は成績が悪いことではなく伝え方。

苦しむのはしょうがないにしても、その中身が全然伝わってこなかったから。

一般の人にだけでなく、F1ファンであってもホンダが何をやっているのか分からなかった。

ホンダの出すプレスリリースなんて当然つまらないし、新井さんのコメントも経済誌のインタビューみたいで全然面白くない。

今の時代、一流企業のプロジェクトの責任者が勝手なこと言っちゃいけないのは分かりますが、株価を意識したようなコメントしか出さないから応援する気が失せた。

要するに共感とか共鳴ができなかったんですよね。



そこで登場するのが、悔しい想いを秘めてF1の舞台へ代表者として戻ってきた長谷川さんというわけ。しかも1年間世界中に恥を晒(さら)してきたホンダの巻き返しを託されて。

昨シーズン苦渋を味わい続けたホンダを、“あのとき”の悔しい想いを一番そばで感じていた長谷川さんがどう立て直し、どう伝えてくれるのか。

このストーリーだけで今年のホンダF1は楽しめます。

ちなみに、第三期のホンダF1をともに闘い、現在はフォース・インディアでオペレーティング・マネジャー職に就いているオットマー・サフナウアー氏も、かつての戦友である長谷川さんがPLになることについて「長谷川は良いリーダーだし、彼ならホンダを立て直せる」と太鼓判をおしています。

ということで最後にPL就任時の長谷川さんのコメントです。

「第3期でやり遂げられなかった続きをやらせてもらえること自体は、とてもうれしいし、エキサイトしています。その一方で、いまパートナーを組んでいるチームとのプロジェクトは世間からの期待も大きいだけに、まかされた責任の重大さに、これまで経験したことがないようなプレッシャーも感じています。『いったい自分がどれだけのことができるのだろう』と考えると夜も眠れない」

hasegawa02.jpg


posted by JJmasa at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のホンダは期待できるのか?

今年もいよいよテストが始まりシーズンが動き出しました。

mp4-31-01.jpg



昨年の今頃は、ホンダの復帰で喜びを噛みしめつつも、アロンソの事故の件でヤキモキしていたような。

もちろんあのときは、まだその先にある悪夢の低空飛行というシナリオは知る由もありません。正直、苦しいかもしれないけどあそこまで苦戦するとはさすがに思っていなかったですね。マクラーレンもついているし、少なくとも第三期初年度の2000年シーズンくらいのポジションにはいくかなと。

でも、そんなに甘くはなかった。7年というブランクはあまりにも長かった。現在のF1は新規参入における技術的な難易度はあの頃に比べれば遙かに高いでしょうし、なんといっても当時は「無限ホンダ」という糸が繋がっていましたからね。

要するに、ホンダはF1をなめていた、ファンもホンダを過大評価しすぎていたということです。

さて、では今年のF1、いや、今年のホンダはどうでしょう?

結論から言うと、かなり期待できる。

まぁ、期待できるというよりも、ストーリーを楽しむことができそう。

この、「ストーリーを楽しめる」というのがポイントです。



今年のホンダは組織変更してF1プロジェクトの体制が大きく変わりました。

で、今回の組織変更により、ついにF1のプロジェクトリーダー(総責任者)が新井さんから新しいリーダーの長谷川さんに変わります。

これはかなり面白いことになるかも。

昨シーズンのホンダのレースがつまらなかったのは、F1のプロジェクトリーダーである新井さんのコメントがつまらなかったのが大きな原因の一つだったと思うんです。

当然、成績が悪かったというのが最大の原因ではありますが、レースごとの新井さんのコメントがホントつまらなかった。

あの人、なんかホンダの人間っぽくなかった。どっちかって言うと、三菱自動車のお偉いさんって感じ。一流企業の役員として、常に当たり障りのない“賢いコメント”しか出さない。

いつも「会社に不利益なことがあったら誰が責任を取るんだ!」って正論を振りかざして周りを萎縮させてる上司みたいな・・・。なんか、レースのことを知らない場違いなエリート企業人みたいな・・・。

損なこととは分かっていても“勝ちたいという想いが体を突き動かす”みたいなホンダっぽい熱いリーダーではなかった。

技術者としても会社人としても非常に能力の高い方ということは間違いないのでしょうが、少なくとも外野から見ている限りはレース屋じゃなかったと。

でも長谷川さんは期待していいと思います。


続きはまた次回
タグ:ホンダF1
posted by JJmasa at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へレスのテストが始まりました

2015年シーズンがいよいよ始動。へレスでのテストです。

やはり、今シーズンはテストからワクワクします。なんといってもホンダのスタッフが正式なF1サーカスのメンバーとしてピットで作業しているんですからね。

2000年のシーズン始めほどではないですが、それでも十分に興奮します。

ホント、今度こそはいろんな意味でファンを失望させないでくださいよ!ホンダさん。

というわけで、早速へレスに参加したマシンの画像など。

jerez3.jpg
かなりスッキリまとまっています。カラーリングはもう少しクロームが強いと思っていましたがそうでもありませんね。

jerez6.jpg
フェラーリには掃除機のような口は似合いません。やっぱりこれくらい美しくないと。

jerez2.jpg
テスト用のカラーリングで登場したレッドブル。その配色のせいで目立ちませんが、実はフロントノーズが下のウィリアムズに似てブサイクです。

jerez7.jpg
う〜ん。まだ昨シーズンの方がカッコイイですよね。とにかくどうしても目が先っぽに行ってしまいます。

jerez4.jpg
毎年ダークホース的な存在で、意外に美しいスタイルを披露するトロ・ロッソ。今シーズンも結構イケてます。

jerez5.jpg
えっと、これ、どこのカテゴリーのクルマでしたっけ?いまどきスーパーフォーミュラでもこんなにダサくありません。

jerez1.jpg
そして我らがマクラーレン・ホンダ。うん、こうして他チームと比べるといっそうカッコよく見えます。いや掛け値なしに今年一番じゃ?おそらくここがトラブルの最大の原因(熱対策)になっているであろうサイドポンツーンの絞り込み。かなり攻めています。

ただこのカラーリング、やっぱり変更になるみたいですね。個人的な予想ではシルバーの部分がそのままホワイトになるとみています。ヒントはチームウェアにあるような。

jerez8.jpg

追記:ロン・デニスは「カラーリングはスポンサー次第」といったコメントを残していましたね。まっ、今からそれほどのビッグスポンサーが付くとは思えないのでベースはやっぱり銀&黒?


posted by JJmasa at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年シーズンの新車が続々デビュー!

いよいよ2015年シーズンの新車の画像が続々と公開されました。

なかでも注目は何といってもマクラーレン・ホンダの新車『McLaren-Honda MP4-30』でしょう。

mp4-30-1.JPG


mp4-30-2.JPG


mp4-30-4.jpg

大きく変わると噂になっていたカラーリングは、ほぼそのまま。ホンダを象徴した(?)赤いラインが印象的な仕上がりですね。

失望の声もあるようですが、個人的にはカッコいいと思います。

レギュレーションの小変更で期待されたノーズが見事に生まれ変わったのは嬉しい限りです。いやカッコいいですよね?ここ最近では最高のデキでしょう!どことなくブラウンGPの面影も。

とにかく、ホンダがアロンソとバトンという完璧なラインナップで復活するのは感無量です。



メルセデスやフェラーリも実にスマートにまとまっていますね。

mercedes1.jpg


mercedes2.jpg


sf15t-1.jpg


st150-2.jpg


一部のチームはまだあの醜いノーズを継承していますが(とくにウィリアムズ)全体的には豊作だと思います。

昨シーズンは歴史的な不作の年ということになりそうです。

明日からのはへレスが始まります。





posted by JJmasa at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ「HONDA F1」が始動!

いよいよ「マクラーレン・ホンダ」が始動しましたね。

hondaf12015-480-2.jpg

第3期が撤退した時は「裏切られた」という想いが強く、もうホンダがF1に戻ってきても応援する気にはならないだろうと思っていましたが・・・

やっぱり、嬉しいです。

ちょっと複雑な気持ちですが、やっぱり嬉しい。

スーパーGTやWTCCじゃなくて、「F1」のマシンに『HONDA』の文字が刻まれているのは格別ですね。

hondaf12015-480-1.jpg


今シーズン、圧倒的な強さをみせたメルセデスと戦えるポテンシャルがあるのか、それともルノーやフェラーリにも負けてしまうのか・・。

今からホントに楽しみです。

シャーシやチーム運営はマクラーレンなのでとりあえずは安心ですし。もしかしたらドライバーは、まさかまさかのアロンソになりそうだし。

ベタですが、「ホンダサウンドがサーキットに戻ってきます」ね。

ちなみに、納得できなかった今シーズンのF1サウンドも「生」で聴くとまぁまぁですよ。少なくとも隣の人とレース中に会話ができます(笑)


タグ:HONDA F1
posted by JJmasa at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今シーズンの勢力図

20140316.jpg

開幕戦オーストラリアGPです。

ハミルトンは早々にマシントラブルで脱落しましたが、大方の予想通りメルセデスAMGが初戦を獲りました。

セーフティカー導入などの外的要因がありながら、終始安定した速さを発揮したロズベルグの走りはどこか昨年までのヴェッテルを彷彿とさせましたね。

レース自体は新レギュレーション&テスト不足のため、当然のごとく大混乱となりました。

ただし、ソコソコまとまったレースで終わったのはやはり近代F1の凄いところです。

ヨーロッパ緒戦のスペインあたりではもう何事もなかったかのようになるんでしょうね。

さて今回は、この週末で見えたチームの勢力図など。

予選における天候の関係もあり、相対的なパフォーマンスの判断は難しいところですが、やはり開幕の時点ではメルセデスが頭一つ抜き出てますね。

それに続くのが意外にも(?)マクラーレン。収穫は若いマグヌッセンが安定して速かったこと。今回のレースで評価を高めたことによりマクラーレンホンダのドライバー候補の筆頭へと一気に躍り出たと言っていいでしょう。

マッサの離脱もあり結果につながらなったウィリアムズですが、ミスの後のボッタスの走りを見るとこのチームの速さはマクラーレンと同等かもしれませんね。

フェラーリ、フォースインディアはその下に横並びといった感じ。トロロッソもここに入るか。

レッドブルは・・・

予選からヴェッテルを抑える走りを見せていたリカルドがああいう形で終わったので何とも言えません。

今回のリカルドの件がマシンにどの程度のプラス作用があったかのか、またヴェッテルのマシンはどうだったのかが分からないですから。

ヴェッテルを基準に考えるとトロロッソといい勝負といったところですかね。

で、個人的にはマッサ、マグヌッセン辺りが気になります。それと、今年は真剣勝負でハミルトンとロズベルグのどちらが速いかの決着が付く?



最後にあの音。やっぱりダメですよね?

著名運動でもしますか(笑)

ということで、次は灼熱のマレーシアです。


posted by JJmasa at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ開幕しましたが・・・

2014-03-15_071949.png

いよいよ2014年シーズンが開幕しましたね。

今季のレギュレーションは見事なまでに劇的に変わりました。以前に紹介したその外観だけでなく中身も大幅に刷新。それこそ違うカテゴリーのような状態です。

なかでもパワーユニットと呼ばれるシステムは、単にターボが付いただけではない極めて複雑なものになっています。

今回のレギュレーション変更の根本的な理由が環境性能の向上ということですからそれを真っ向から否定するわけにはいきません。F1の存続に関わることですからね。

ただし、我々ファンとしては、そのシステムはどうであれ、F1への興味が削がれるような変更を歓迎できるはずもなく・・・。

まー、酷い。冬のテストの様子をYouTubeなどでチェックしている時には「まぁまぁかな?」なんて思っていましたが・・・。

あの醜い、あまりにも品格のないエキゾーストには言葉を失いました。

F1ファンを侮辱するかのようなあの音を受け入れる自信がありません。

は〜。今年、どうしよう・・・。

posted by JJmasa at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醜い子たち

更新再開の第一弾はなんといってもこれですね。

可夢偉のF1復帰も触れておかなくてはいけませんが、それよりも衝撃的なこの子たち。

今年のレギュレーションはマシンを醜くするとは分かっていたのですが・・・。

2014-01-29_163600.jpg

まずはウィリアムズの新車画像が出たときに「あちゃ〜」と思いましたが、今思えばカッコいいほうですね。

2014-01-29_164030.jpg

で、マクラーレンあたりから覚悟を決めなくてはいけないことに気づき・・

2014-01-29_163636.jpg

フォースインディアで呆気にとられたと思ったら・・・

我らが可夢偉の今年のマシンは・・・

2014-01-29_163703.jpg

・・・あり得ない。



で、これら「アリクイノーズ組」と

フェラーリ・メルセデスは「掃除機組」です。

2014-01-29_163522.jpg

2014-01-29_163806.jpg

まぁ、アリクイよりはまだマシですね。

で、さすがの独自路線ロータス・レッドブル。

2014-01-29_163954.jpg

というより、ロータスなんかは積極的にカッコいいと言えるほど。

ニューエイさんはどう出てくるか楽しみでしたがさすがでしたね。こちらもイケてます。

2014-01-29_163046.jpg

2014-01-29_163153.jpg


トレッドいっぱいのフロントウィングや段付きノーズなど、これまでも最初は拒否反応を起こしながらも時間とともに慣れていきました。とりあえず掃除機組まではなんとかなりそうですが・・・

アリクイ組はいくらなんでも無理でしょ。

posted by JJmasa at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライコネンがフェラーリに移籍!


フェラーリがライコネンとの2年契約を発表しました!

8月の終わり頃から噂に上がっていたライコネンのフェラーリ復帰説。レッドブルとの交渉が決裂してからの急展開でしたが、まさかアロンソとライコネンが同じチームになるとは思ってもいませんでした。

だってライコネンってアロンソにフェラーリを追い出される形でWRCに行っちゃったんですよ、手切金渡されて。

モンテゼモーロもさすがに神経図太いですね。

まっ、そのあたりは当のライコネン自体あまり気にしていなんでしょうけど・・。

アロンソのルノー移籍の芽が完全に消えたわけではないようですが、これでメルセデスAMGの「ハミルトン&ロズベルグ」を超えるコンビが誕生したわけです。

ただし、同時に可夢偉が赤いレーシングスーツを着てF1マシンに乗る可能性はなくなったということ。

マッサのフェラーリ離脱が現実味を帯びてきて、いよいよこれで・・・。と思っていただけに残念です。

とりあえずは空いたルノーのシートを獲得するのがベストの選択ですかね。

あとはマッサがどう動くか。

F1からスッパリ降りるか、それともバリチェロのようにしぶとく生き残るか。でもまぁ、今後のことを考えればフィジケラのようなポジションを狙うのがおいしいような気もします。さすがにピークは越えた感がありますから。いや、インディならまだまだイケるか?

それよりも可夢偉にとって厄介なのはやっぱりヒュルケンゲルグとスーティルですかね。

個人的にはお金に困ったルノーがメキシコマネー付きのペレスに食指を動かして、ホンダがバックに付いてお金の心配がなくなったマクラーレンに可夢偉が・・・。というシナリオも十分に考えられると思ってます。



posted by JJmasa at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう決まりかな・・


レコノサンスで雨が降り出した時は、これでレースが面白くなるとワクワクしました。しかもレース中の降水確率が60%となっていたので期待できるかなと。

でも結局は完全なドライコンディションのままレースは終了。

予想通り、あっさり、ホントあっさりヴェッテルが優勝してしまいましたね。

別にヴェッテルが嫌いなわけじゃない、むしろ好きなドライバーですが、もう少しチャンピオンシップを盛り上げてくれないかな〜

これで2位のアロンソと、まるまる2勝分以上のアドバンテージができちゃいました。要するにヴェッテルはあと7戦のうち2回ノーポイントのレースがあってもランキングの変動がないと。今後のレースで、仮にヴェッテルのクルマが止まっても興奮しちゃいけないということです(笑)

今シーズンのお楽しみはほぼ終了。あとはいつチャンピオンを決めるかですね。

ということで、これからは鈴鹿でチャンピオンが決定するの見るためにヴェッテルを応援することにします・・・。

posted by JJmasa at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。