タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

1000分の2秒!

いや〜シビれる予選でした。

地元で見事ポールを獲得したヴェッテルと2位のアロンソとの差は、なんと2/1000秒。ヴェッテルのあとでコースに入ったアロンソは、セクター2まではコンマ1.5秒速かったにもかかわらず、セクター3でのヴェッテルの驚異的なスピードに屈しました。

フェラーリがポールを獲っていれば2008年の最終戦以来だっただけに残念です。

予選後にさぞかし悔しい表情を見せるかと思われたアロンソでしたが、意外にあっさり。ポールを獲れなかった悔しさよりもレッドブルとの差が予想以上になかったことにちょっとびっくりしている様子です。

この週末は終始好調をキープしていたアロンソは、マシンのアップデートに満足しつつも、いつレッドブルが巻き返してくるかを常に気にしていたようです。

蓋を開けてみれば、自分たちが想像以上にイケていることが分かってちょっとニンマリといったところでしょうか。

とはいえ、レッドブルのマシンが相変わらず速いことに変わりはないので、ダーティサイド(偶数列)からスタートのアロンソはかなりのハンディがあると言えます。

ただし、ヴェッテルにしても母国グランプリでポールスタートというプレッシャーもあるはず。

決勝は、週末を通じて天候が悪かったホッケンハイムで晴天のレースとなれば、タイヤのコンディションが未知数なだけにまだまだどうなるか分かりません。

あわよくばフェラーリに頑張ってもらって後半戦を盛り上げてもらいたいところです。

実はホッケンハイムが得意で、初めて予選でチームメイトに負けたウェバーも意地を見せるかも。

どちらにしても国際映像で常にトップ争いが映っているレースを期待したいですね。



posted by JJmasa at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

F1ドイツGP(2010 R11)
Excerpt: F1第11戦ドイツGP!
Weblog: UKYOのつぶやき
Tracked: 2010-08-18 10:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。