過去ログページ


タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

新型『ソリオ』の生写真

新型ソリオ

「ありそうで、どこにもなかったコンパクト」

これ、12月24日に発表されるスズキの新型『ソリオ』のキャッチコピーです。

確かに。個人的には以前から思っていました。確かに、背の高い、スライドドアのコンパクトカーってなかったんです。

新型『ラクティス』が登場したときも、『フィット』を意識して、これからデビューする新型『ヴィッツ』の保険のようなクルマを作るなら、いっそのことスライドドアを搭載すれば?と思ったものです。

5人乗りの2列シートというふうに割り切れば、4mを切るボディサイズでも広大な後席スペースを作れるはず。背を高くして、そこにスライドドアをつければかなり使えるクルマが出来上がると。

衝突安全性を含めたコストを考えれば、トヨタがそうしたパッケージのクルマを作るメリットはあまりないのかも知れません。ただ『ラクティス』のような特徴のないクルマを作るなら・・・。

もちろん、小さな子供がいるファミリーやリタイヤしたシニアなど、この種のクルマのマーケットは軽自動車のものです。しかし、『フィット』や『ヴィッツ』をはじめ、毎月、販売台数の上位をコンパクトカーが占めているという現状を考えれば、登録車(軽自動車以上の車)にも必ずニーズのあるパッケージだと思うのです。

新型『ソリオ』のベースは軽自動車の『パレット』ではありますが、約80kg増える車重を考慮して、フロントサスペンションを新設計するなど、スズキもかなり気合を入れて作ってます。

ただし、スズキというブランドイメージを考えると、このクラスの市場を開拓するのは難しいのかも知れません。

うーん。でもやっぱり可能性のあるニッチマーケットだと思うのですが・・。

三菱あたりが本気でやったら面白いかも。



posted by JJmasa at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。