タグクラウド
検索
 
最近のコメント
新型『レガシィ』 by masa (03/04)
新型『レガシィ』 by とおり (02/05)
新型『デュアリス』 by masa (01/30)
新型『デュアリス』 by とおりすがり (11/28)
最近のトラックバック
ファン

スーパーボウルのCM

久しぶりすぎますが、面白い動画があったんでちょっと紹介しようかなと思って更新です。

この季節になると毎年アメリカンフットボール(NFL)の優勝決定戦「スーパーボウル」が開催されます。

アメリカにおけるスポーツイベントの頂点ともいえる「スーパーボウル」は、テレビの視聴率が毎回50%近くの数字を残す(1億人以上が視聴)ので、この日のために特別に作成されたCMが流れることで有名です。

過去に流れていたCM集を見ていたら、思わず笑顔のこぼれる最高のCMがあったんで紹介しようかと。今年はどんなCMが流れるのかも興味がありますが、厳選して2本ピックアップしたので良かったらご覧ください。

1本目は以前にも紹介したフォルクスワーゲンの可愛らしいCMのロングバージョンです。(1:42)





そして2本目はシボレーのCM。笑えます・・。(1:01)



posted by JJmasa at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年のホンダF1のストーリー

hasegawa01.jpg


今年のホンダはF1プロジェクトの組織変更をしてプロジェクトリーダーが新井さんから長谷川さんに変わります。

歴代ホンダF1の監督やリーダーってみんな熱かった。(第一期はさすがにリアルに分かりませんが)第二期の川本さんはもちろん、桜井さんや後藤さん、第三期の中本さん、橋本さん、木内さんといった面々はキャラが立っていたし、コメントなどもとても面白かった。

個人的に好きだったのは木内さん。基本的には論理的でクールなんだけど根は熱いものを持ってましたね。琢磨が表彰台に上がったときにボロボロ泣いていた中本さんも良かったな。

まぁ、勝手な思い込みなんですが、やっぱりホンダF1のリーダーって、負けず嫌いで内に秘めた熱い想いを持っていて、ときにはそれを爆発させるような人じゃなきゃ!

そういった意味では長谷川さんがどういった“ホンダF1”を見せてくれるかは分かりませんが、少なくとも “ストーリー” は楽しめます。

長谷川さんって第三期のときに木内さんや中本さんの元でF1に関わっていて、2009年からはプロジェクトリーダーに決まっていた人です。そう、あのとき撤退さえしなければ。

そしてその2009年、手塩にかけた「幻のRA109」改め「ブラウンGP BGP001」がチャンピオンマシンになったことは周知のとおり。

その後長谷川さんは、量産車の開発などに携わり7年間F1プロジェクトには一切関わっていなかったようです。しかも、“あの年”から昨年までF1は全く見ていなかったとか。

で、今回の体制変更によりF1に復帰、しかもプロジェクトリーダーとして戻ってきました。


一方で昨年F1に復帰したホンダはマクラーレンという最強のパートナーと組みつつもまさかの惨敗。

いや、ホンダが苦戦するのはいいんですよ。それはそれでF1のハードルの高さを改めて実感できるし。でも問題は成績が悪いことではなく伝え方。

苦しむのはしょうがないにしても、その中身が全然伝わってこなかったから。

一般の人にだけでなく、F1ファンであってもホンダが何をやっているのか分からなかった。

ホンダの出すプレスリリースなんて当然つまらないし、新井さんのコメントも経済誌のインタビューみたいで全然面白くない。

今の時代、一流企業のプロジェクトの責任者が勝手なこと言っちゃいけないのは分かりますが、株価を意識したようなコメントしか出さないから応援する気が失せた。

要するに共感とか共鳴ができなかったんですよね。



そこで登場するのが、悔しい想いを秘めてF1の舞台へ代表者として戻ってきた長谷川さんというわけ。しかも1年間世界中に恥を晒(さら)してきたホンダの巻き返しを託されて。

昨シーズン苦渋を味わい続けたホンダを、“あのとき”の悔しい想いを一番そばで感じていた長谷川さんがどう立て直し、どう伝えてくれるのか。

このストーリーだけで今年のホンダF1は楽しめます。

ちなみに、第三期のホンダF1をともに闘い、現在はフォース・インディアでオペレーティング・マネジャー職に就いているオットマー・サフナウアー氏も、かつての戦友である長谷川さんがPLになることについて「長谷川は良いリーダーだし、彼ならホンダを立て直せる」と太鼓判をおしています。

ということで最後にPL就任時の長谷川さんのコメントです。

「第3期でやり遂げられなかった続きをやらせてもらえること自体は、とてもうれしいし、エキサイトしています。その一方で、いまパートナーを組んでいるチームとのプロジェクトは世間からの期待も大きいだけに、まかされた責任の重大さに、これまで経験したことがないようなプレッシャーも感じています。『いったい自分がどれだけのことができるのだろう』と考えると夜も眠れない」

hasegawa02.jpg
posted by JJmasa at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のホンダは期待できるのか?

今年もいよいよテストが始まりシーズンが動き出しました。

mp4-31-01.jpg



昨年の今頃は、ホンダの復帰で喜びを噛みしめつつも、アロンソの事故の件でヤキモキしていたような。

もちろんあのときは、まだその先にある悪夢の低空飛行というシナリオは知る由もありません。正直、苦しいかもしれないけどあそこまで苦戦するとはさすがに思っていなかったですね。マクラーレンもついているし、少なくとも第三期初年度の2000年シーズンくらいのポジションにはいくかなと。

でも、そんなに甘くはなかった。7年というブランクはあまりにも長かった。現在のF1は新規参入における技術的な難易度はあの頃に比べれば遙かに高いでしょうし、なんといっても当時は「無限ホンダ」という糸が繋がっていましたからね。

要するに、ホンダはF1をなめていた、ファンもホンダを過大評価しすぎていたということです。

さて、では今年のF1、いや、今年のホンダはどうでしょう?

結論から言うと、かなり期待できる。

まぁ、期待できるというよりも、ストーリーを楽しむことができそう。

この、「ストーリーを楽しめる」というのがポイントです。



今年のホンダは組織変更してF1プロジェクトの体制が大きく変わりました。

で、今回の組織変更により、ついにF1のプロジェクトリーダー(総責任者)が新井さんから新しいリーダーの長谷川さんに変わります。

これはかなり面白いことになるかも。

昨シーズンのホンダのレースがつまらなかったのは、F1のプロジェクトリーダーである新井さんのコメントがつまらなかったのが大きな原因の一つだったと思うんです。

当然、成績が悪かったというのが最大の原因ではありますが、レースごとの新井さんのコメントがホントつまらなかった。

あの人、なんかホンダの人間っぽくなかった。どっちかって言うと、三菱自動車のお偉いさんって感じ。一流企業の役員として、常に当たり障りのない“賢いコメント”しか出さない。

いつも「会社に不利益なことがあったら誰が責任を取るんだ!」って正論を振りかざして周りを萎縮させてる上司みたいな・・・。なんか、レースのことを知らない場違いなエリート企業人みたいな・・・。

損なこととは分かっていても“勝ちたいという想いが体を突き動かす”みたいなホンダっぽい熱いリーダーではなかった。

技術者としても会社人としても非常に能力の高い方ということは間違いないのでしょうが、少なくとも外野から見ている限りはレース屋じゃなかったと。

でも長谷川さんは期待していいと思います。


続きはまた次回
タグ:ホンダF1
posted by JJmasa at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。